バレンタインの贈り物 | キャプテンズ・バー|オーセントホテル小樽【公式】メインバー
バレンタインの贈り物
2020.02.07

欧州では日本と異なり、男性から女性へ贈るのが習慣なようです。それ故、チョコレートを戴く側の日本の男性は、もう少し敬意を示してもよい気がしますね。
さて、世のバレンタイン商戦は景気に動かされることなく、年々右肩上がり!義理チョコなんて過去の話で、百貨店では女性心を擽ろうと企画を施し、業界内で競い合っているようです。
Barにおいてもこの日は特別な意味を持ちますが、中でも粋な計らいを紹介しましょう。
チョコレートにワインやウヰスキーを一緒に贈るのも高印象をもたらせますが、更に「おっ!」と思わせたいのなら、葉巻(シガー)なんて効果的です。
喫煙とは一線を画し、タバコを吸わない人でも葉巻は別物、男なら一度は経験したい代物なのです。
何故って?大人の男性はハードボイルドに憧れ、昔から孤独と背中合わせに欠かせないアイテムなのです。葉巻を贈られると、そっと背中を押してくれたような・・・錯覚を感じ、贈り主を自身の理解者の様に窺えたりするようですね。何より葉巻は煙草とは異なり、肺に入れずにふかすだけですし。

楽しみ方の一つにお香を焚くように火をつけ、部屋中に紫煙を燻らすと、特有の空間を醸しだします。紫煙は亡き人を思い出させる効果もある。
例えば、バーでノーゲストになった時、場の乾いた空気に葉巻に火をつける。不思議に今まで人がいたような、そんな想いを醸し出してくれる。そう魔法のようですね。

葉巻の中でもバレンタイン・デーに相応しい銘柄は「ロメオ ワイジュリエッタ」ハバナの三大ブランドの1つで、「ロミオとジュリエット」というシェイクスピアの戯曲が由来。
往年の名作007シリーズにも、度々登場し世界中でも人気のシリーズです。一度、お試ししてみたら如何でしょうか。

それでは、皆様も思い出に残るバレンタインをお過ごしください。
そうそう、男性陣は感謝の気持ちを表しましょうね。